smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
メシアン:異国の鳥たち 他
メシアン:異国の鳥たち 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,武満徹,一柳慧,メシアン,高橋悠治,岩城宏之,木村かおり
recommend
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,サン=サーンス,デュパルク,グノー,ヴァレーズ(ジャン=ピエール),吉本奈津子
recommend
recommend
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,ニコライ,一柳慧,武満徹,チャイコフスキー,J.シュトラウス(1世),ハイドン,井上道義
recommend
recommend
recommend
2005.6.14設置
マイ・オークションをごらんください
new entries
categories
archives
recent comment
  • D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」
    通りすがりの者です (08/29)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    i3miura (08/14)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    kumagusu2005 (07/26)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (04/25)
  • 明けましておめでとうございます
    i3miura (01/03)
  • 明けましておめでとうございます
    ウーツー (01/02)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    i3miura (11/04)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    ウーツー (11/03)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (09/28)
  • ビエロフラーヴェック指揮&ファウスト(vn)、マルティヌー/ヴァイオリン協奏曲第2番ほか
    i3miura (08/01)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< La Folle jornée de Kanazawa(3) | main | C.イヴァルディ&J=C.ペネティエ、シュミット/4手のためのピアノ作品集 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」

JUGEMテーマ:音楽

BBC Music Magazine:BBC MM 311
Gusta Mahler
/Symphonie "Das Lied von der Erde"

Donald Runnicles/BBC Scotish Symphony Orchestra
Karen Cargill(m-sop),Johan Botha(ten)

BBC Music Magazineの2009年11月号の付録CDです。BBCMMがHMVの店頭から無くなり、紀伊国屋では高くて買えずに購入を見送っていたのですが、HMVのネットショップで取り扱いを始めたようだったので、久しぶりに購入しました。
演奏は2008年8月3日にプロムスで行われたコンサートをCD化したものです。ラニクルズというとどちらかというと、ヴァーグナーを中心としたオペラの指揮者というイメージが強いものの、実は一度も演奏を聴いたことがありませんでした。
ということで演奏です。第1楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」冒頭からあまり重苦しさを感じさせない明朗な響き。すぐに登場するテノール独唱のJ.ボサも張りのあるなかなかの美声。明るく軽やかな歌声でクセがありません。オケ・独唱共に抑制の効いた表現。第2楽章「秋に寂しき者」は少々遅めのテンポ。オーボエの適度に美しい表現で開始され、決して深刻ぶったものとはなりません。その後登場するソプラノ独唱K.カーギルの若々しく美しい声の持ち主。適度に深みあり豊かな表現力。第3楽章「青春について」もタイトルどおりの軽く若々しい表現。少々前のめり過ぎの感も無きにしも非ずですが・・・。第4楽章「美について」でもカーギルの声はなかなか冴えを見せます。柔軟な表現力で魅力があります。個人的にはこの楽章は中間部以降が好きなのですが、流石にクレンペラーのような重厚さはないものの、清新な表現となっています。第5楽章「春に酔える者」。ボタの伸びのある歌声は魅力的です。オケも細やかな表現を聴かせます。
最後はこの曲の半分を占める最終楽章「告別」。演奏時間33分強ということで、かなり遅めのテンポ設定。ことここにいたってはオケ・ソリスト共に非常な熱演。丁寧な表現で、この楽章の持つ深みはないものの、表面的にならずデリカシーを感じさせる演奏には好感が持てます。カーギル、適度にドラマティックで美しい。この人どこかで聞いた名前だと思ったら、N.ヤルヴィ指揮のドヴォジャークのレクイエムにもクレジットされていました(買ったもののまだ聴いてませんが・・・)。最後のewig...以降もなかなか純度の高い演奏。儚さというか、表現的にもう一歩踏み込んで・・・という感じもなくはないのですが、決して悪い演奏ではありません。そもそもこの曲でどうしようもない演奏、というのも聴いたことがないですが・・・。
深みには少々かけるものの、決して悪くない魅力的な1枚といえます。

at 21:09, i3miura, CD

comments(2), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 21:09, スポンサードリンク, -

-, -

comment
通りすがりの者です, 2010/08/29 10:31 AM

「ラニクルズ」を検索していてたどり着きました。

この演奏の動画がニコニコにありましたよ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10264035 (第1-5楽章)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10264610 (第6楽章)

-, 2011/08/27 11:56 AM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://i3miura.jugem.jp/trackback/1109
-, 2010/06/15 6:41 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。