smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
メシアン:異国の鳥たち 他
メシアン:異国の鳥たち 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,武満徹,一柳慧,メシアン,高橋悠治,岩城宏之,木村かおり
recommend
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,サン=サーンス,デュパルク,グノー,ヴァレーズ(ジャン=ピエール),吉本奈津子
recommend
recommend
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,ニコライ,一柳慧,武満徹,チャイコフスキー,J.シュトラウス(1世),ハイドン,井上道義
recommend
recommend
recommend
2005.6.14設置
マイ・オークションをごらんください
new entries
categories
archives
recent comment
  • D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」
    通りすがりの者です (08/29)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    i3miura (08/14)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    kumagusu2005 (07/26)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (04/25)
  • 明けましておめでとうございます
    i3miura (01/03)
  • 明けましておめでとうございます
    ウーツー (01/02)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    i3miura (11/04)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    ウーツー (11/03)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (09/28)
  • ビエロフラーヴェック指揮&ファウスト(vn)、マルティヌー/ヴァイオリン協奏曲第2番ほか
    i3miura (08/01)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< R.レパード指揮、ラモー/「栄光の殿堂」&シャルパンティエ/「メデ」ほか | main | A.ボールト指揮、RVW/交響曲第3番「田園」ほか >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

R.レパード指揮、リュリ/交響的小品 & カンプラ/「華麗なるヨーロッパ」

JUGEMテーマ:音楽

ELOQUENCE:480 2374
Jean-Baptiste Lully
/Pièces de symphonie
André Campra
/"L'Europe galante"(suite edited by Frederick Hewitt)

Raymond Leppard/English Chamber Orchestra


先のCDに引き続き40年以上前の録音の初CD化です。
さて今回のCDではリュリとカンプラの2人の作曲家の作品が取り上げられています。
最初はリュリの「交響的小品」です。とはいってもオリジナルの作品ではなく、オペラやバレエ音楽から20曲を寄せ集めた作品群です。因みに20曲は「アマディス」「アティス」「テセー」「ペルセー」「アチスとガラテー」「ファエトン」「ベレロフォン」などから抜き取られ、作品ごとに一応順番がまとまられています。演奏は非常にメリハリの効いたもので、細やかな表現も十分です。快活な楽曲での活きのよさ、叙情的な楽曲での優雅さなど何処をとってもリュリの作風を垣間見ることが出来ます。
続いてはA.カンプラの「華麗なるヨーロッパ」組曲。その前に個人的にはカンプラ、誰?という感じなのですが、1660年にエクサンプロヴァンスに生まれ1744年にヴェルサイユに没した作曲家・指揮者・聖職者。1694年にパリに出て、ノートル・ダム大聖堂の楽長になり、その後コンティ候の宮廷楽士やオペラ座の指揮者などを勤めたという人物。聖職者であったことから宗教音楽も残しているようです。そんな彼の代表作がこのオペラ=バレエ「華麗なるヨーロッパ」。1曲目「華麗な仮面の行進」は弦楽器中心の編成で非常に優雅で軽やか。万人受けしそうな癖のない楽曲。楽曲によっては管楽器も入りますが、基本編成は弦楽器が中心です。その後も基本的には印象が変わりませんが、「サラバンド」や次の「ルール」では弦楽器による優美な響きに心打たれます。演奏もレパードらしく非常に安定したもので、安心して聴ける上質な音楽です。

at 21:59, i3miura, CD

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 21:59, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://i3miura.jugem.jp/trackback/1171