smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
メシアン:異国の鳥たち 他
メシアン:異国の鳥たち 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,武満徹,一柳慧,メシアン,高橋悠治,岩城宏之,木村かおり
recommend
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,サン=サーンス,デュパルク,グノー,ヴァレーズ(ジャン=ピエール),吉本奈津子
recommend
recommend
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,ニコライ,一柳慧,武満徹,チャイコフスキー,J.シュトラウス(1世),ハイドン,井上道義
recommend
recommend
recommend
2005.6.14設置
マイ・オークションをごらんください
new entries
categories
archives
recent comment
  • D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」
    通りすがりの者です (08/29)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    i3miura (08/14)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    kumagusu2005 (07/26)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (04/25)
  • 明けましておめでとうございます
    i3miura (01/03)
  • 明けましておめでとうございます
    ウーツー (01/02)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    i3miura (11/04)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    ウーツー (11/03)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (09/28)
  • ビエロフラーヴェック指揮&ファウスト(vn)、マルティヌー/ヴァイオリン協奏曲第2番ほか
    i3miura (08/01)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< N.ヤルヴィ指揮CSO、F.シュミット/交響曲第3番ほか | main | ギーレン指揮、ハイドン/交響曲第99&104番ほか >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

オルフェウス室内管、モーツアルト/A Little Light Music

JUGEMテーマ:音楽

Deutshe Grammophon:429 783-2
Wolfgang Amadeus Mozart
/"Ein musikalischer Spaß",K.522
/"Der Sieg vom Helden Koburg",contredanse C-Dur,K.587
/"Das Donner-wetter",contredanse D-Dur,K.534
/"La battaille",contredanse C-Dur,K.535
"6 Deutshes Tänze",K.567
/"Gallimathias musicum(Quadlibet),K.32
/Marche Nr.1 D-Dur,K.335(320a)
/"Les filles malicieuses",contredanse G-Dur,K.610
/Ïl trionfo delle donne".contredanse Es-Dur,K.607(605a)
/"Die Leyere",deutsche tänz C-Dur,K.611
/3 Deutsche Tänz,K.605

Orpheus Chamber Orchestra

1980年代から90年代にかけてDeutsche Grammophonレーベルに多くの録音を残した指揮者のいない室内オーケストラ「オルフェウス室内管弦楽団」。そんな彼らが1989年に録音したモーツアルトの小品ばかりを集めたCDをオークションで見かけたので落札しました。
この楽団、当時名前はよく耳にしたものの、実際には一度も聞いたことがありませんでした(因みに余談ですが、今でもちゃんとカーネギーを拠点に活動してたんですね。しかも結構大物も客演してたりして・・・)。
収録されているのはどれも肩ひじ張らない気軽に聴ける作品ばかり。まず最初は「音楽の冗談」。この楽団、指揮者はいないものの当然と言えば当然ですが非常にまとまりがあります。非常にスマートで嫌な音を出すことありません、ところどころで登場する不協和音も癖がなくホンワカとした感じに聴こえてきます。
それ以降は「英雄コブルクの勝利」「嵐」「戦い」「6つのドイツ舞曲」と1曲あたり1〜2分程度の小品が続きます。どれもコントルダンスということで、非常に小気味の良い仕上がりを見せます。
そして中盤に「ガリマティアス・ムジクム」。この曲今では懐かしいインデックスが振られています(当時DENONがよく使ってましたね)。この曲、本来は途中でボーイ・ソプラノと合唱が加わりますが、さすがに今回のCDでは加わらずオケのみの演奏となっています。上品かつ華やいだ作品にぴったりの演奏といえます。
後半もひたすら小品のオンパレード。「行進曲第1番」「意地の悪い娘たち」「婦人たちの勝利」「ライエルひき」「3つのドイツ舞曲」と続きます。それらの作品もリズム感を重視した日所にリズミカルな表現に仕上がっており、指揮者がないことへの不満をあまり感じさせることがありません。
今更ながら凄いアンサンブルだったんだ〜

at 22:44, i3miura, CD

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 22:44, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://i3miura.jugem.jp/trackback/1180