smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
メシアン:異国の鳥たち 他
メシアン:異国の鳥たち 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,武満徹,一柳慧,メシアン,高橋悠治,岩城宏之,木村かおり
recommend
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,サン=サーンス,デュパルク,グノー,ヴァレーズ(ジャン=ピエール),吉本奈津子
recommend
recommend
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,ニコライ,一柳慧,武満徹,チャイコフスキー,J.シュトラウス(1世),ハイドン,井上道義
recommend
recommend
recommend
2005.6.14設置
マイ・オークションをごらんください
new entries
categories
archives
recent comment
  • D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」
    通りすがりの者です (08/29)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    i3miura (08/14)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    kumagusu2005 (07/26)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (04/25)
  • 明けましておめでとうございます
    i3miura (01/03)
  • 明けましておめでとうございます
    ウーツー (01/02)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    i3miura (11/04)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    ウーツー (11/03)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (09/28)
  • ビエロフラーヴェック指揮&ファウスト(vn)、マルティヌー/ヴァイオリン協奏曲第2番ほか
    i3miura (08/01)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< G.ピヒラー&S.ブーニン、OEK第211回定期演奏会 | main | オーマンディ指揮、メンデルスゾーン/「エリア(エリヤ)」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか


Warner Classics:0927 49047 2(apex)
Heitor Villa-Lobos
/Bachiana Brasileiras No.2*
/Bachiana Brasileiras No.5**
/Guitarra concêrto***
/"Amazonas",ton poem**

Emmanuel Krivine/Orchestre Nationaln de Lyon
Joel Vaisse(tb/*),Frédéric Frouin(t-sax/*),Maria Bayo(sop/**)
Robert Aussel(guit/***)

久しぶりに栄のHMVに行き物色中見つけた旧譜です。前々から出ているのは知っていたのですが、何故か見かけることが無く漸く発見しました。
生涯に1500曲以上の作品を残したヴィラ=ロボスですが、実際に耳にする作品は決して多いとは言えません。そんな作品の中でもここに収録されている作品はまだ比較意的有名な作品かもしれません。
ということでこのCDですが、全体的に見るとかなり洗練された演奏と言えるかも知れません。
で最初の「ブラジル風バッハ第2番」です。この作品群は色々な編成のために作曲された作品群ですが、この作品がオーケストラとトロンボーン、テナー・サックスのソロのための作品。第1楽章からソロ楽器が非常に活躍する作品で、特に第1楽章「前奏曲」での南国を思わせる気だるい雰囲気や、第3楽章「ダンス」でのトロンボーン・ソロはなかなか聴き応えがあります。続く第4楽章「カイビラの汽車」はブラジルというよりはパリの郊外といった感じの洗練された雰囲気ですが、適度に鄙びた感じも出ており、聴いていて楽しい作品です。
続く「ブラジル風バッハ第5番」はチェロ8本とソプラノ独唱のための作品。この演奏ではチェロの音色も柔らかく、またソロを務めるバーヨの歌声が非常によく、この曲の持つ繊細な雰囲気を余すところ無く伝えており、個人的には作曲家指揮ロス=アンヘレス盤よりも音質を考えると良いかな?とも思えます。洗練の具合も、彼がパリに留学していたことを考えると何となく納得が出来ます。
次はギター協奏曲。多分初めて聴く作品だと思います。3楽章構成で約20分弱の作品。憂いを含んだ非常にきれいな作品で、ギターの音色の特質を上手く生かした作品だと感じました。このCDに収録されている作品の中では作品として洗練されている印象を持ちました。
最後は「アマゾナス」です。約12分程の小品で、内容はタイトルの通りアマゾン川を音にした作品で、所々に現れる金管の咆哮でアマゾンの急流を表現しています。全体を通しての響きなどから「春の祭典」になぞらえるむきもあるようですが、さもありなんという感じのオーケストレーション・響き的に非常に聴き応えのある作品です。
冒頭にも書きましたが、少々土臭さが無いと言うか洗練されすぎているような気もしなくは無いですが、オケ&ソリスト共々に非常にレヴェルの高い演奏で聴いていて不満はありませんでした。

at 22:50, i3miura, CD

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 22:50, スポンサードリンク, -

-, -

comment
, 2008/09/28 11:00 AM

 ディスクユニオンでなんとなく気になって、買い求めました。750円でした。チョット聞いただけですが、なんか知ってる人は知ってるっていう有名な作曲家みたいですね。少し、聞き込んでみたいと思います。

, 2009/04/25 5:18 PM

足跡残していきます。ブラジル風バッハ#9はお好き?。










trackback
url:http://i3miura.jugem.jp/trackback/646