smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
メシアン:異国の鳥たち 他
メシアン:異国の鳥たち 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,武満徹,一柳慧,メシアン,高橋悠治,岩城宏之,木村かおり
recommend
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 op.61 他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,サン=サーンス,デュパルク,グノー,ヴァレーズ(ジャン=ピエール),吉本奈津子
recommend
recommend
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他
ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」/一柳慧:交響曲第7番「イシカワパラフレーズ:岩城宏之の追憶に」他 (JUGEMレビュー »)
オーケストラ・アンサンブル金沢,ニコライ,一柳慧,武満徹,チャイコフスキー,J.シュトラウス(1世),ハイドン,井上道義
recommend
recommend
recommend
2005.6.14設置
マイ・オークションをごらんください
new entries
categories
archives
recent comment
  • D.ラニクルズ指揮、マーラー/交響曲「大地の歌」
    通りすがりの者です (08/29)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    i3miura (08/14)
  • A.ギブソン指揮、ベルリオーズ/序曲集
    kumagusu2005 (07/26)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (04/25)
  • 明けましておめでとうございます
    i3miura (01/03)
  • 明けましておめでとうございます
    ウーツー (01/02)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    i3miura (11/04)
  • 大植英次指揮、カバレフスキー/交響曲全集
    ウーツー (11/03)
  • E.クリヴィヌ指揮、ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第2&5番ほか
    (09/28)
  • ビエロフラーヴェック指揮&ファウスト(vn)、マルティヌー/ヴァイオリン協奏曲第2番ほか
    i3miura (08/01)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< S.ミラン & I.ブラウン、ゴベール/フルートとピアノのための作品全集 | main | M.クリード指揮、ロッシーニ/スターバト・マーテル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

B.フィデツィス指揮、カロミリス/「管弦楽のための三連画」&交響曲第3番ほか


NAXOS:8.557970
Manolis Kalomiris
/Triptych for Orchestra*
/Symphony No.3 "Palamian" in d minor,for Orchestra with Dramatic retitation**
/Three Greeh Dances*
/The Destruction of Psará**

Byron Fidetzis/Athens State Orchestra(*.**)
Nikitas Tsakiroglou(narr/**)

ギリシャのクラシック音楽の開祖的存在でもあるカロミリスの作品を集めたCDの登場です。演奏しているのは作曲家の地元でもあるギリシャのオケ&指揮者によるもので、すべて初録音ということです。
ということでカロミリスですが、1883年オスマン帝国のスミルナというところで生まれ、イスタンブールとウィーンで音楽教育を受けた後の1926年に国立音楽院を設立し、その院長も長く務めギリシャ音楽界に影響を及ぼしました。作品自体は200曲以上を残し、管弦楽作品及び歌曲の作品を多く残しています。
ということで、まず最初は「管弦楽のための三連画」です。1937年作曲の作品で当初は「クレタ、ある英雄の思い出」というタイトルが付けられていました。また第3楽章には「クレタの開放のために」という合唱も付けられていましたが、今回録音されているのは1940年の改訂版で、タイトル及び合唱は削除されています。曲はギリシャの政治家E.ヴェニゼロスの追悼のために書かれ、初演は1943年2月28日に行われましたが、その日は詩人C.パラマスの死の日でありかつ、ナチスがアテネを占領した日ということです。曲は第1楽章「前奏曲」からどことなく悲劇的な雰囲気を帯びています。特に第2楽章「間奏曲」は前述のヴェニゼロスの死を悼んでの葬送行進曲になっており、スケールの大きな壮大な楽章になっています。第3楽章「後奏曲」は勇壮な出だしで開始されます。中間部分では叙情的なメロディーも登場し作品の持つスケール感というものを上手く表現しています。
次の交響曲第3番は「パラミアン」というタイトルが付けられています。1955年作曲の作品で4楽章からなります。解説によると彼の3つの交響曲はどれも前述のC.パラマスの詩に関連しているということです。少々朗読には違和感を覚えるものの、作品自体は非常に劇的なもので密度も濃く聴き応えがあります。独特のほの暗さを感じさせる作風で、交響曲というよりは劇音楽といった感じです。所々(特に第4楽章)あたりで何となくドビュッシーの「ダフニスとクロエ」に似た雰囲気を感じ取ったのは僕だけでしょうか?
次の「3つのギリシャ舞曲」は再び管弦楽のみの作品。「バロス」、「田園舞曲」、「ツァコニアの踊り」からなり、1934年に作曲されました。元々は別の作品だったものを組曲にした作品です。「バロス」はギリシャの島嶼部の伝統的な2拍子の舞曲で、元々は1917年にピアノ曲として作曲された作品。後半にかけて盛り上がります。次の「田園舞曲」は彼の最初のオペラ「建築請負人」から採られています。緩やかなメロディーの作品で、非常に幻想的な作風になっています。最後の「ツァコニアの踊り」はオペラ2作目の「母の指輪」からの作品で、冒頭から力強さを感じさせる作品です。
最後の「プサラ島の破壊」は1949年?の作品で再び朗読が入る1分半ほどの小品です。正直短すぎてよく判りません。
今回どの作品も初めて耳にしましたが、非常にしっかりとした作品で、聴き応えのあるものでした。ただ正直何回も繰り返して聴くと単調さを感じさせるかも知れませんが・・・

at 13:20, i3miura, CD

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 13:20, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://i3miura.jugem.jp/trackback/790
クラシックをあなたに捧げます, 2007/08/15 8:13 AM

娘のバレエの発表会用に購入。まず耳から・・・・・[クラシックねた]ワーグナー・管弦楽名曲集・外山雄三 「管弦楽のためのラプソディ」・[その他 管弦楽曲]イベール・交響組曲「寄港地」〜3つの交響的絵画・『管弦楽のためのラプソディー』。・ 「管弦楽のための協奏